介護講演会情報 - 介護コンサルタント ねこの手

介護セミナー・講演依頼・介護保険報酬改定・実地(監査)指導対策アドバイス等、お気軽にご連絡下さい!
TEL:03-5560-3357

HOME > 介護講演会情報

介護記録総点検セミナー(鹿児島)

2015年07月10日 [記事URL]

書けない!苦手!ではすまされない介護記録。今年度こそ記録の工場を目指す事業所様必見!

続きを読む

介護記録は日々のケアの証!事業所全体で介護記録を総点検しましょう!

介護事業所の皆様から「介護記録を書いたり読み返したりする時間がない」「今日のケアでの出来事を何でも良いから記録に書きなさいと言われるが、どう書いたらよいか分からない」「看護と介護の記録が別になっているため、連携がとりにく」等という声をよく耳にします。

2012年の介護報酬改定以降、「利用者の要介護認定データと利用料金明細の突合せ」も強化されるようになり、利用者の「自立支援」に資するケアの意識が、次期介護報酬改定時に事業所ごとの報酬額の差別化を設ける形で評価されるのではないかと噂されています。

介護記録は、皆様の毎日の「利用者へのケアの姿勢」と「利用者を元気にするために頑張ってケアしてきたこと」の証が記載されています。皆様の介護記録が利用者の「自立支援=出来ることを増やす」ためのエビデンスとして活用されることを願い、介護記録を書く意味の理解、記録を書く上でのポイント、何を書けばよいのかを1日でわかりやすく解説するためのセミナーを開催いたします。現在の記録の総点検も出来る内容に致しましたので、この機会に是非ご受講いただき、記録の見直しにつなげていただければ幸いです。

ご自分の事業所の現在の記録の総点検も出来ます!

事業所で記入したケース記録(7日分)を持参して頂き、点検することも可能です。(受講条件ではございません)記録を持参されなくても記録サンプルをご用意しております。

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

介護記録総点検セミナー



実施指導と介護報酬改定(東京)

2015年07月09日 [記事URL]

平成24年度介護報酬改定では、単位数や加算が増える減るといったことのほかに、新しいサービスが増え、事業者にとってビジネスチャンスでもあると同時に、新基準によるコンプライアンスの徹底が求められております。 本セミナーでは、平成24年度年介護報酬改定やその解釈通知を踏まえ、新基準(施設・人員・運営)に対応したコンプライアンス徹底・強化の方策を新サービスを含め、事業種別に分かり易く解説すると共に、加算取得に必要となる記録のコツについて指導します。

続きを読む

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

実施指導と介護報酬改定研修

研修内容

1. 平成24年度介護報酬改定と新サービス創設のねらい
  ・介護報酬改定の概要
  ・介護・診療報酬同時改定の意味
  ・新しいサービス体系と新加算
2. 事業運営・人員等にかかる新しい基準の理解
  ・地域包括ケアシステム構築に向けて
  ・自立支援の強化
3. 新基準、解釈通知、Q&Aを踏まえた事業所運営の方策
  ・新しい制度に合わせた事業の再構築
  ・新加算取得に必要な体制整備
4. 実地指導も怖くない!新基準によるコンプライアンスの徹底
  ・行政による指導・監査体制の強化
  ・事業所内におけるコンプライアンス強化のコツ
5. 加算取得の根拠となる記録のコツ
  ・ケアプランとの連動の重要性
  ・加算要件を証明する書類・帳票のあり方
  ・介護職員処遇改善加算取得に必要な帳票



実施指導と介護報酬改定(長野)

2015年06月30日 [記事URL]

平成24年度介護報酬改定では、単位数や加算が増える減るといったことのほかに、新しいサービスが増え、事業者にとってビジネスチャンスでもあると同時に、新基準によるコンプライアンスの徹底が求められております。 本セミナーでは、平成24年度年介護報酬改定やその解釈通知を踏まえ、新基準(施設・人員・運営)に対応したコンプライアンス徹底・強化の方策を新サービスを含め、事業種別に分かり易く解説すると共に、加算取得に必要となる記録のコツについて指導します。

続きを読む

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

実施指導と介護報酬改定研修

研修内容

1. 平成24年度介護報酬改定と新サービス創設のねらい
  ・介護報酬改定の概要
  ・介護・診療報酬同時改定の意味
  ・新しいサービス体系と新加算
2. 事業運営・人員等にかかる新しい基準の理解
  ・地域包括ケアシステム構築に向けて
  ・自立支援の強化
3. 新基準、解釈通知、Q&Aを踏まえた事業所運営の方策
  ・新しい制度に合わせた事業の再構築
  ・新加算取得に必要な体制整備
4. 実地指導も怖くない!新基準によるコンプライアンスの徹底
  ・行政による指導・監査体制の強化
  ・事業所内におけるコンプライアンス強化のコツ
5. 加算取得の根拠となる記録のコツ
  ・ケアプランとの連動の重要性
  ・加算要件を証明する書類・帳票のあり方
  ・介護職員処遇改善加算取得に必要な帳票



実施指導と介護報酬改定(石川)

2015年06月26日 [記事URL]

平成24年度介護報酬改定では、単位数や加算が増える減るといったことのほかに、新しいサービスが増え、事業者にとってビジネスチャンスでもあると同時に、新基準によるコンプライアンスの徹底が求められております。 本セミナーでは、平成24年度年介護報酬改定やその解釈通知を踏まえ、新基準(施設・人員・運営)に対応したコンプライアンス徹底・強化の方策を新サービスを含め、事業種別に分かり易く解説すると共に、加算取得に必要となる記録のコツについて指導します。

続きを読む

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

実施指導と介護報酬改定研修

研修内容

1. 平成24年度介護報酬改定と新サービス創設のねらい
  ・介護報酬改定の概要
  ・介護・診療報酬同時改定の意味
  ・新しいサービス体系と新加算
2. 事業運営・人員等にかかる新しい基準の理解
  ・地域包括ケアシステム構築に向けて
  ・自立支援の強化
3. 新基準、解釈通知、Q&Aを踏まえた事業所運営の方策
  ・新しい制度に合わせた事業の再構築
  ・新加算取得に必要な体制整備
4. 実地指導も怖くない!新基準によるコンプライアンスの徹底
  ・行政による指導・監査体制の強化
  ・事業所内におけるコンプライアンス強化のコツ
5. 加算取得の根拠となる記録のコツ
  ・ケアプランとの連動の重要性
  ・加算要件を証明する書類・帳票のあり方
  ・介護職員処遇改善加算取得に必要な帳票



「実施指導対応」「法令遵守」入門講座(東京)

2015年06月25日 [記事URL]

9年ぶりの介護報酬引き下げに伴う特定加算の拡充は「介護」体制強化とともに「法令遵守」に基づいた事業所づくりを目指す布石である!

続きを読む

ねこの手 代表取締役の伊藤亜記が1日かけて多彩な疑問を解決します!!!

2015年4月からの介護サービス基本報酬は9年ぶりのマイナス改定(介護サービス全体で-4.48%)となりましたが、一方で特定加算を引き上げる方向にシフトしました。これは、介護体制を強化する必要に迫られたとともに成果を上げられない、遵法意識の低い事業者は淘汰されていく時代になることを示唆しています。しかも、今後はより「実地指導」等々が強化されてくることか予想されます。これまでの実地指導対象事業者の要因としてあげられるのが、①経営者・管理者の「法令遵守」に対する認識不足、②現場スタッフ判断による誤った認識がそのまま継承されてきたという悪い慣習、③さらには経営者・管理者とスタッフ間とのコミュニケーション不足だといえます。

本セミナーで「ま、今回の介護報酬改定を踏まえつつ、遵法精神に則った「正しい特定加算申請のあり肩」や、実例に基づく「実地指導対応」など、今後の経営の根幹を成す知識を1日かけて習得していただきます。今後の介護保険制度改定時にも生き残る、健全経営を実現するための研鑚の場として、多くの経営者・管理者の方々のご参加をお勤めします。

日時:2015年6月25日(木)10:30~16:45
会場:アイビーホール
   東京都渋谷区渋谷4-4-25
   TEL03-3409-8181
   ※詳しい会場案内図は参加証にてお知らせいたします
参加費 43,200円(1名様につき)(※消蜀税及び地方消費税3.200円を含む)
   ●同一申込書にて2名様以上参加の場合       
    41.040円(1名様につき)(※消蜀税及び地方消費税3.200円を含む)
   ※テキスト・昼食・コーヒー代を含む。
主 催 綜合ユニコム株式会社 月刊シニアビジネスマーケット

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

「実施指導対応」「法令遵守」入門講座



介護記録総点検セミナー(仙台)

2015年06月19日 [記事URL]

書けない!苦手!ではすまされない介護記録。今年度こそ記録の工場を目指す事業所様必見!

続きを読む

介護記録は日々のケアの証!事業所全体で介護記録を総点検しましょう!

介護事業所の皆様から「介護記録を書いたり読み返したりする時間がない」「今日のケアでの出来事を何でも良いから記録に書きなさいと言われるが、どう書いたらよいか分からない」「看護と介護の記録が別になっているため、連携がとりにく」等という声をよく耳にします。

2012年の介護報酬改定以降、「利用者の要介護認定データと利用料金明細の突合せ」も強化されるようになり、利用者の「自立支援」に資するケアの意識が、次期介護報酬改定時に事業所ごとの報酬額の差別化を設ける形で評価されるのではないかと噂されています。

介護記録は、皆様の毎日の「利用者へのケアの姿勢」と「利用者を元気にするために頑張ってケアしてきたこと」の証が記載されています。皆様の介護記録が利用者の「自立支援=出来ることを増やす」ためのエビデンスとして活用されることを願い、介護記録を書く意味の理解、記録を書く上でのポイント、何を書けばよいのかを1日でわかりやすく解説するためのセミナーを開催いたします。現在の記録の総点検も出来る内容に致しましたので、この機会に是非ご受講いただき、記録の見直しにつなげていただければ幸いです。

ご自分の事業所の現在の記録の総点検も出来ます!

事業所で記入したケース記録(7日分)を持参して頂き、点検することも可能です。(受講条件ではございません)記録を持参されなくても記録サンプルをご用意しております。

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

介護記録総点検セミナー



介護記録総点検セミナー(大阪)

2015年06月09日 [記事URL]

書けない!苦手!ではすまされない介護記録。今年度こそ記録の工場を目指す事業所様必見!

続きを読む

介護記録は日々のケアの証!事業所全体で介護記録を総点検しましょう!

介護事業所の皆様から「介護記録を書いたり読み返したりする時間がない」「今日のケアでの出来事を何でも良いから記録に書きなさいと言われるが、どう書いたらよいか分からない」「看護と介護の記録が別になっているため、連携がとりにく」等という声をよく耳にします。

2012年の介護報酬改定以降、「利用者の要介護認定データと利用料金明細の突合せ」も強化されるようになり、利用者の「自立支援」に資するケアの意識が、次期介護報酬改定時に事業所ごとの報酬額の差別化を設ける形で評価されるのではないかと噂されています。

介護記録は、皆様の毎日の「利用者へのケアの姿勢」と「利用者を元気にするために頑張ってケアしてきたこと」の証が記載されています。皆様の介護記録が利用者の「自立支援=出来ることを増やす」ためのエビデンスとして活用されることを願い、介護記録を書く意味の理解、記録を書く上でのポイント、何を書けばよいのかを1日でわかりやすく解説するためのセミナーを開催いたします。現在の記録の総点検も出来る内容に致しましたので、この機会に是非ご受講いただき、記録の見直しにつなげていただければ幸いです。

ご自分の事業所の現在の記録の総点検も出来ます!

事業所で記入したケース記録(7日分)を持参して頂き、点検することも可能です。(受講条件ではございません)記録を持参されなくても記録サンプルをご用意しております。

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

介護記録総点検セミナー



実施指導と介護報酬改定(岡山)

2015年06月04日 [記事URL]

平成24年度介護報酬改定では、単位数や加算が増える減るといったことのほかに、新しいサービスが増え、事業者にとってビジネスチャンスでもあると同時に、新基準によるコンプライアンスの徹底が求められております。 本セミナーでは、平成24年度年介護報酬改定やその解釈通知を踏まえ、新基準(施設・人員・運営)に対応したコンプライアンス徹底・強化の方策を新サービスを含め、事業種別に分かり易く解説すると共に、加算取得に必要となる記録のコツについて指導します。

続きを読む

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

実施指導と介護報酬改定研修

研修内容

1. 平成24年度介護報酬改定と新サービス創設のねらい
  ・介護報酬改定の概要
  ・介護・診療報酬同時改定の意味
  ・新しいサービス体系と新加算
2. 事業運営・人員等にかかる新しい基準の理解
  ・地域包括ケアシステム構築に向けて
  ・自立支援の強化
3. 新基準、解釈通知、Q&Aを踏まえた事業所運営の方策
  ・新しい制度に合わせた事業の再構築
  ・新加算取得に必要な体制整備
4. 実地指導も怖くない!新基準によるコンプライアンスの徹底
  ・行政による指導・監査体制の強化
  ・事業所内におけるコンプライアンス強化のコツ
5. 加算取得の根拠となる記録のコツ
  ・ケアプランとの連動の重要性
  ・加算要件を証明する書類・帳票のあり方
  ・介護職員処遇改善加算取得に必要な帳票



実施指導と介護報酬改定(福岡)

2015年06月02日 [記事URL]

平成24年度介護報酬改定では、単位数や加算が増える減るといったことのほかに、新しいサービスが増え、事業者にとってビジネスチャンスでもあると同時に、新基準によるコンプライアンスの徹底が求められております。 本セミナーでは、平成24年度年介護報酬改定やその解釈通知を踏まえ、新基準(施設・人員・運営)に対応したコンプライアンス徹底・強化の方策を新サービスを含め、事業種別に分かり易く解説すると共に、加算取得に必要となる記録のコツについて指導します。

続きを読む

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

実施指導と介護報酬改定研修

研修内容

1. 平成24年度介護報酬改定と新サービス創設のねらい
  ・介護報酬改定の概要
  ・介護・診療報酬同時改定の意味
  ・新しいサービス体系と新加算
2. 事業運営・人員等にかかる新しい基準の理解
  ・地域包括ケアシステム構築に向けて
  ・自立支援の強化
3. 新基準、解釈通知、Q&Aを踏まえた事業所運営の方策
  ・新しい制度に合わせた事業の再構築
  ・新加算取得に必要な体制整備
4. 実地指導も怖くない!新基準によるコンプライアンスの徹底
  ・行政による指導・監査体制の強化
  ・事業所内におけるコンプライアンス強化のコツ
5. 加算取得の根拠となる記録のコツ
  ・ケアプランとの連動の重要性
  ・加算要件を証明する書類・帳票のあり方
  ・介護職員処遇改善加算取得に必要な帳票



介護記録総点検セミナー(札幌)

2015年05月29日 [記事URL]

介護記録のよりよい見なおしと玖月のポイントを徹底開設!記録の書き方だけでなく、何を書けば良いのかが、具体的にわかります。

続きを読む

介護記録は日々のケアの証!事業所全体で介護記録を総点検しましょう!

介護事業所の皆様から「介護記録を書いたり読み返したりする時間がない」「今日のケアでの出来事を何でも良いから記録に書きなさいと言われるが、どう書いたらよいか分からない」「看護と介護の記録が別になっているため、連携がとりにく」等という声をよく耳にします。

2012年の介護報酬改定以降、「利用者の要介護認定データと利用料金明細の突合せ」も強化されるようになり、利用者の「自立支援」に資するケアの意識が、次期介護報酬改定時に事業所ごとの報酬額の差別化を設ける形で評価されるのではないかと噂されています。

介護記録は、皆様の毎日の「利用者へのケアの姿勢」と「利用者を元気にするために頑張ってケアしてきたこと」の証が記載されています。皆様の介護記録が利用者の「自立支援=出来ることを増やす」ためのエビデンスとして活用されることを願い、介護記録を書く意味の理解、記録を書く上でのポイント、何を書けばよいのかを1日でわかりやすく解説するためのセミナーを開催いたします。現在の記録の総点検も出来る内容に致しましたので、この機会に是非ご受講いただき、記録の見直しにつなげていただければ幸いです。

ご自分の事業所の現在の記録の総点検も出来ます!

事業所で記入したケース記録(7日分)を持参して頂き、点検することも可能です。(受講条件ではございません)
記録を持参されなくても記録サンプルをご用意しております。

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

介護記録総点検セミナー




《 前 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メール相談
介護情報トピックス
メニュー
会社概要

株式会社ねこの手
所在地:〒104-0054
東京都中央区勝どき
6-3-2-1705
電話番号:03-5560-3357

ねこの手

私たちは介護に向かい合うお客様に対して、最善の未来を作り出せるように全力でお手伝いしていきます。

厚生労働省 介護報酬改定について
厚生労働省からの介護保険最新情報