コンプライアンスやリスクヘッジにも 活用できる効率的な介護記録の書き方 - 介護コンサルタント ねこの手

介護セミナー・講演依頼・介護保険報酬改定・実地(監査)指導対策アドバイス等、お気軽にご連絡下さい!
TEL:03-5560-3357

HOME > 介護講演会情報 > コンプライアンスやリスクヘッジにも 活用できる効率的な介護記録の書き方

コンプライアンスやリスクヘッジにも 活用できる効率的な介護記録の書き方

2012年02月19日

介護記録の書き方講座

介護記録の書き方講座

介護記録は、介護職員の利用者情報の共有に資するほか、質の高い介護サービスの提供を行う上で欠かせない大切な資料となります。しかし、記録するのに「時間がかかる」「適切な書き方がよく分らない」など介護職員の課題となっています。今回は、ムダを省き必要かつ適切な介護記録を作成するためのポイント及び介護記録の書き方、まとめ方について講演していただきます。

下記のパンフレットをクリックすると拡大表示できます。

効率的な介護記録の書き方



お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop

メール相談
介護情報トピックス
メニュー
会社概要

株式会社ねこの手
所在地:〒104-0054
東京都中央区勝どき
6-3-2-1705
電話番号:03-5560-3357

ねこの手

私たちは介護に向かい合うお客様に対して、最善の未来を作り出せるように全力でお手伝いしていきます。

厚生労働省 介護報酬改定について
厚生労働省からの介護保険最新情報