鎌田 實 先生 講演会レポート - 介護コンサルタント ねこの手

介護セミナー・講演依頼・介護保険報酬改定・実地(監査)指導対策アドバイス等、お気軽にご連絡下さい!
TEL:03-5560-3357

HOME > 介護講演会情報 > 鎌田 實 先生 講演会レポート

鎌田 實 先生 講演会レポート

2007年02月19日

旅をあきらめない 夢をあきらめない
ドリームフェスティバル in 上諏訪
旅は人を輝かせ、元気にし、家族も明るくする!

旅をあきらめない 夢をあきらめない
ドリームフェスティバル in 上諏訪
旅は人を輝かせ、元気にし、家族も明るくする!

鎌田 實先生講演会から

「旅をあきらめない 夢をあきらめない」ドリームフェスティバルのオブザーバーで、「住民とともにつくる医療」を提案、実践しておられる長野県諏訪中央病院・名誉院長の鎌田實先生。今回で4回目を向かえるドリームフェスティバルですが、年2回ハワイと上諏訪で鎌田先生にお会いする事を目標に!

毎日の健康管理に努められているご高齢者や障害者の皆様や介護をされるご家族が増えてきました。
今年5月に行われたハワイに続き、11月28日に鎌田先生の地元の上諏訪で開催された『ドリームフェスティバルin上諏訪』の中の講演会で、今回も沢山の元気と勇気の出るお話をして頂きました。
その講演の一部をご紹介します。

旅は人を輝かせ、元気にし、家族も明るくする

「ハワイでお会いした人とか、去年も上諏訪でお会いした人とか、なんか皆、 元気になっているじゃない!?」 ハワイでお会いした人はすごく輝き出していて自分でも「元気になった」と言って奥さんも「少し楽になった」と言って、皆旅を始めていいですよね。

一昨年の5月に初めて『鎌田實とハワイに行こう!』を始めて、94歳に今なった人がハワイに言った後に京都にヘルパーさんの付き添いで行って、そして上諏訪に行って、更に韓国に焼肉を食べに行って、またハワイに来るかと楽しみにしていたらその人が来なかったので「どうしたの!?」と聞いてもらったら、「これからまた焼肉を食べに韓国に行くから」って・・・おしゃれですよね。介護度5ですよ!負けていない。

歳をとったからとか、障害があるからとか、人様にお世話になっているから、と言って散々お国のためにも家族の為にも皆の世話をして今まで生きてきたんだから、楽しいことはけっこう大事。
1回目のハワイ旅行に参加した人が「もう恐いものはない事がよく分かった」・「旅に出たら結構楽しかった」言っていました。

人間生きているうちに楽しまなくっちゃ!!

人間は「誰かの役に立っている」と思えば、辛い事を乗り越えられる

僕が日本で始めてデイケアを創った時、ボランティアの女の人が片麻痺のおばあちゃんの背中を洗ってあげていた。
人間は「誰かの役に立っている」と思えば、辛い事を乗り越えられる。
温泉に行った時に片麻痺のおばあちゃんは「いつもあなたに世話になるばかりでなく、私もあなたの背中を恩返しに洗ってあげたい」と言いました。僕ら男衆も温泉で一緒に入浴のサポートをしていていたんだけど、ボランティアの女の人は60歳近い女の人だったけど、「本当にすごいなぁ~」と思ったのは、水着を着ていたのをパッと胸を隠して脱いで、背中を差し出した。
おばあちゃんの顔をずっと見ていたら、右麻痺だったので左手でスポンジを持ちながら、ボランティアの女の人の背中を流してあげて、ものすごく嬉しそうにしていた。

ボランティアの女の人も見事だなぁ・・・と思ったけど、片麻痺のおばあちゃんがものすごく嬉しそうにしていた顔を見て、きっと片麻痺のおばあちゃんはずっと誰かの世話になって、親切にされる事も嬉しかったのだけど、いつもお世話になっているボランティアの女の人の為に何かをしてあげられて、ものすごく嬉しかったんです。結局、人間は誰かの為に、何かをしてあげられた時にやっぱり嬉しい。自分が生きている意味みたいに思えた時、“やっぱり、生きていて良かったなぁ”と思える。もちろん、美味しい物を食べた時も生きていて良かったなぁ~と、思うんだけど、誰かの為に役に立てた時、例えば「生きているだけでおばあちゃん嬉しいんだよ」ってもし、お孫さんが言ってくれるだけで、嬉しい。それは、自分が生きているという事をお孫さんにアピール出来ている事なんですよ。

僕は1歳の時、両親は僕を育てきれず、養子に出しました。  
夜遅くまで帰って来ないタクシードライバーの養父と、重い心臓病を患ってずっと入院している

養母の代わりに、隣の人始め、いろいろな人のお蔭で僕は生きてこられた。
そして僕は、幸いな事に国立大学に行けて、お医者さんになれて、いろいろな事がやれるようになった。だから僕は、チェルノブイリやイラクの4つの小児病棟の子供達を応援してあげたい。
僕がしてもらったように。

“僕は、誰かに生かされて生きている”、皆そうだと思います。
皆さんも若い頃,いろいろな人の為に生きてきた。
お国の為、家族の為に支えてきました。子供が出来た時は2年か3年はオシメを替えたり、汚い事でも嫌な事でも、全部親としてやってきた訳じゃないですか。だから2・3年子供の世話になったって、社会の世話になったっていいんです。
皆さんだって、いろいろな人を助けてきたり、支えてきたのですから。
結局、僕達は人の為に支えたり、時には支えられたり、支えられる事で、今支えてくれている子供さんやお孫さんは優しくなるんですよね。
そうやって、人間バトンタッチしていく。バトンタッチって大事なんです。バトンタッチする為には、家族の絆とか友達の絆とか、すごく大事です。皆が助けたり、助けられたり、助けてもらった時は“ありがとうね”と言えばいいんです。
そして自分の状態が良くなったら、何かお礼をしてあげればいいんです。

次の旅のきっかけのために僕と一緒に旅に出ませんか?

一昨年「ハワイに先生が行くだけでガンの人でも、脳卒中の人でも、障害のある人でも、目が見えない人でも、皆さんが旅に行く勇気が出るから、是非一緒に行きましょう!」と言われて、ドリームフェステイバルをお手伝いさせて頂く様になりました。

旅に出るきっかけがちょっとあれば、あとは自由に。きっかけが出来るまでは一緒に旅をすればいいんです。旅に出るきっかけが出来た後は、自分達で好きな所に行けばいいんです。自分の人生なんだから。
僕は旅に出るきっかけができない時に『鎌田實とハワイに行こう!』・『鎌田實と温泉に行こう!!』と、行くきっかけが出来た人達が、今度は自分流の遊び方をすればいいと思って、その為に今後もお役に立てれば、と思っています。

鎌田先生のいつも皆さんに語りかける優しい口調で「旅をあきらめない」・「夢をあきらめない」勇気と元気が出る魔法にかかってしまいます。

 

当社(株式会社ねこの手)と効果測定の連携をしている株式会社パートナーズから、鎌田先生へ「はなちゃん」のプレゼントをさせて頂きました。

Q1.人にとって会話(コミュニケーション)をすると言う行動は、非常に重要な事であると思いますが、どういった点が特に重要なポイントとなると鎌田先生はお考えですか?

孤立するとボケるので、この人形と会話するだけでも脳細胞を働かせ、心をあたたかくすることが出来る。

Q2.『癒しを欲する世の中』と言われていますが、そもそも『癒し』とは、どの様なもので、どういった事により、得られるものだと鎌田先生はお考えになりますか?

ストレス社会の中でホットする事、おいしい物を食べる事や、美しい景色を見たり温泉に入る事で癒しは得られる。

Q3.介護の世界では『たっくん』『はなちゃん』を使用し、認知症予防や、リラックス効果を期待する声が多数ありますが、鎌田先生はどの様に思われますか?

人とふれあう事が大切だが、いつまでもそれに答えられない人の場合には「たっくん」「はなちゃん」が役に立つと思う。

Q4.その他、『たっくん』、『はなちゃん』を使用する事によって、人にどの様な影響を与える事が出来ると鎌田先生はお考えになりますか?

寂しさが少し減る。会話をする事で認知症予防になる。

鎌田 實 先生  
1948年、東京に生まれる。1974年、東京医科歯科大学医学部卒業後、
長野県の諏訪中央病院にて、地域医療に携わる。
1988年、諏訪中央病院の院長に就任。一貫して「住民とともにつくる医療」を提案、実践されてきた。
また、15年間、チェルノブイリの救護活動に参加し、その活動で多数の賞も受賞されている。
著書も多数あり、『がんばらない』(集英社)はベストセラーに。 絶賛発売中!

がんばらないレーベル1stアルバム
「ひまわり」坂田 明絶賛発売中!
がんばらないレーベル1stアルバム
「ひまわり」坂田 明 

● 鎌田 實先生オフシャルウェブサイト●http://www.kamataminoru.com/profile.htm

●諏訪中央病院名誉院長 鎌田實先生と行く
  「旅をあきらめない 夢をあきらめない」
      ドリームフェスティバル in ハワイ開催!

<出発日>2007年5月28日(月)・29日(火)出発予定
※4泊6日コース・3泊5日コース  クラブツーリズム(株)



お問い合わせ
お問い合わせ
カテゴリ内の前の記事


PageTop

メール相談
介護情報トピックス
メニュー
会社概要

株式会社ねこの手
所在地:〒104-0054
東京都中央区勝どき
6-3-2-1705
電話番号:03-5560-3357

ねこの手

私たちは介護に向かい合うお客様に対して、最善の未来を作り出せるように全力でお手伝いしていきます。

厚生労働省 介護報酬改定について
厚生労働省からの介護保険最新情報